タワマン購入

お金に自由であることの意味…お金持ちとはちょっと違う(笑)

前回、お金に自由であることがタワマン社長には大切なことだと話しましたが、具体的にお金に自由とはどういうことか、少し話したいと思います。

最近、老後には2千万円必要だとかって問題がありましたよね!

あれって、老後年金を貰いながら夫婦で生活していく生活モデルの話ですが、年金で足らないお金を貯蓄から切り崩すことが前提となっています!

「夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦で毎月の収支が5万円不足するので、30年間で約2千万円不足する」というものです。

これには賛否両論あって、生活は人それぞれで、住んでる地域により違いますし、そもそもタワマンに住んで管理費・修繕積立費なんて払ってると破綻するよ!って話です(笑)

こういう部分が、タワマンの老後破綻論につながっていますが、年金だけで生活しようとすると本当にそうなりますよ!間違いありません(笑)

でもタワマンに住むという意味は、自分たちの生活を高めるカンフル剤というか、将来の資産運用をどう組み立てていくか、その目標にもなると考えています!

お金を貯めることが目的なら、普通の賃貸アパートに住めば良いでしょう!

でもそれでは、生活にお金が必要になりませんから、そもそも真剣に資産運用なんて考えなくなるでしょう!それが貯蓄重視で投資をしない日本人の考え方の基本になっていると考えます。

ある程度の年齢になっても資産運用をしないので給与所得のみに頼り、不労収入も無く年収が上がらないので歳を取るごとに切り詰めた貯蓄重視になって行き、年金生活に入ると貯蓄を切り崩して生活するスタイルを基本とする負のスパイラルに陥っています(笑)

これでは、老後の豊かな生活どころか、なるべく細く長く切り詰めて生活するお金に不自由な消極的な未来しか見えませんね(笑)

例えば、40歳から資産運用を始めて月2万円で年間24万円の運用をしたとすると、それで65歳になれば600万円の金融資産が出来ています。そのリターンが仮に4%あれば、税金を2割引かれても年間19万円のキャッシュが生まれます!月4万運用すれば、25年で1200万円の金融資産で年38万円のキャッシュが手に入ります!

これが夫婦で老後資金で2000万円が必要なら、その2000万円を貯めるつもりで25年間かけて資産運用すれば、老後毎年64万円キャッシュが生まれますよ!

だったら月5万円不足で年間60万円の不足だとしても、年間64万円リターンがあればそれで充分補えますよ(笑)

 

ね!これで年金生活でも多少は安心できるでしょう?!(笑)

 

こうやって25年間掛けて勉強しながら少しづつ資産運用して行けば、2,3年目には失敗しなくなるし、お金がお金を生むので、25年の間にもリターンは徐々に増えて、トータルで500万円弱は入って来てると思われます!それももちろん再投資します!

別段お金持ちでなくても、自分のことですから頑張って資産を増やすでしょう?(笑)

そうすればこの資産運用の2000万円とリターン再投資の500万円で、毎年80万円のお金を生んで元本は減りませんから!これにはまだ株価の上昇分は見込んでいません(笑)

こんな錬金術を使わない手は無いと思いますよ(笑)

これ現代の錬金術でなく、200年前からある手法ですからww

あ!でも老後2千万円を急に投資に回そうと考えても、勉強と経験が足りないので騙されるか失敗して、スッテンテンになるのが目に見えていますのでお気を付けを…失敗の経験は若い時にしか出来ません(笑)

 

最後に、投資は自己責任でお願いします(笑)

 

つづく(笑)

ABOUT ME
タワマン社長
地方タワマン住みのタワマン社長です! タワマンの住みやすさ、メリット、デメリットを実際に住んでいる住民目線で、株式投資や不動産投資、車や腕時計などの趣味の話を交えて、独自・独断・独特に発信していきたいと思います(笑)