人生について

生活に合わせて住む場所を変える選択…中編(時間よりお金が大切?編)

前回前編で、子供さんがこれまで1時間半以上かけて小学校6年間、これからさらに時間を掛けて中学校3年間、高校3年間も中高一貫校なので、これから合わせて6年間、毎日6時に電車に乗る生活をして行く訳ですが、多分、親御さんに引越しを進めても、「はあ?引越しなんて無駄なことしなくても、子供に早起きさせればええわ!」って怒ると思います(笑)

でも案外「引越しまでしなくても…」って人の方が多いと思います。

そう!大多数の人が子供の通学で住む場所を変えることなんて「何馬鹿なこと言ってるんだ!」「そんな金があるなら他に使った方が良い!」などと、とてもナンセンスな考えだと思っていることでしょうww

基本、今住んでいる学区に進学させて、出来れば学区が変わらないところに家を建てる、もしくはマンションを買い、高校は電車通学で行ける範囲に入学する。旦那も通勤で仮に1時間以上かかっても、当り前のこととして定年まで続ける。

いや…、これがどれだけ無駄なことか分からなければ、お金持ちにはなれません…

そもそもお金が身に付きませんし、下手をすれば子供が12年間、通学に毎日3時間以上かけていることを美談として誇らしげに語るのでは無いかと危惧します。

子供の小中高12年間で、年約200日×3時間=600時間、年600時間×12年=7,200時間

7,200時間を1日24時間で割ったとすると、7,200時間÷24時間=300日、延べにすると実に1年近くを通学のみに費やしていることが分かります!

仮に時給1,000円で換算すると、7,200時間×1,000円=720万円、自給換算で実に720万円分の時間を無駄にしているとも考えられます。

親御さんからは「いや!子供はバイトなんてしないから、その計算に意味は無い!」と烈火のごとく怒られそうですが、時間は皆に平等ですし、大人は時間を無駄に出来なくて、子供は時間を無駄に出来る、そんな乱暴な論法はありません!

しかも、お金持ちは、お金<<<時間、と言う価値観の人が大多数です!

お金は所詮お金ですが、時間はお金では買えません、なので時間を無駄にすることがお金を無駄にする以上の損失になると考える訳です。

「だから子供には電車で読書をさせている!」「参考書を読ませている!」くらいは反論されそうですが、それって電車に乗っている時間が無駄だから、無駄にならないように何かさせようと意識してるってことですよね?(笑)

仮に電車に乗っている3時間が無駄でないなら、その間何もしなくてもOKですからww

タワマン社長も子供の幼稚園入園に向けて、郊外の実家から都心部の住宅街のマンションに引越ししました。父兄会でそれを話すと「え?!あなたはお金持ちですか?」と一部の父兄から驚かれましたが、後で調べてみるとかなりのご家族が、入園に合わせて引越しされていました!

ビックリされたのはサラリーマンの方でしたが、仮にサラリーマンの方でも転職して通勤できない距離だと引越しされるでしょう?大手企業なら尚更転勤も多く、経営者よりは引越しに慣れていると思いますが…

でも、子供に合わせて引越しは絶対にありえない!

一体なぜなんでしょうね??

次回はその辺りを考察してみようと思います!

つづく!

ABOUT ME
タワマン社長
地方タワマン住みのタワマン社長です! タワマンの住みやすさ、メリット、デメリットを実際に住んでいる住民目線で、株式投資や不動産投資、車や腕時計などの趣味の話を交えて、独自・独断・独特に発信していきたいと思います(笑)