人生について

子供の小学校受験について②【学校選択変更編】

前回、付属小学校の方針転換と言う話を書きましたが、数年前、今の校長に変わられ、受験がテスト重視、テストの点数さえ良ければ入れるような学校に変わって来て、これまでの裕福な家庭の子供たちも、テストの点数が良くなけれな進学出来なくなっていました。

そこへ新しい若い教頭が来られ、100年以上続く歴史と伝統のある付属小学校の素晴らしい「学校訓・教育方針」があるのに、急に「モンテッソーリ教育」をぶっ込んで来ました(汗)

これまで地方の財界人のご子息に愛された我が校ですが、これからは、テスト重視、偏差値重視、進学校としてさらなる高みを目指します!からの今に時代に合わせ子供の個性を伸ばすモンテッソーリ教育を導入しました!と…

例えば、100年以上続く素晴らしい料亭が、

古くから政界・財界人の皆様に愛され、和食を追求してきた本店ですが、明日からお洒落なイタリアンのお店に変わりま~す!でも、もちろん伝統は大切、そこは守るよ(*’▽’)」

んで、食べログ高得点狙うので、皆さん高評価お願いしま~す♪

是非お店に食べに来てね~!!

みたいな…(笑)

そりゃ伝統を重んじる先生方は付いていけませんよ…まあ保護者もだけど(笑)

いやね、去年、付属小学校の先生方が4人まとめて辞められたんです。

先生が4人まとめて辞めるって、普通に考えると異常事態ですよ!

それで、何かあったんだろうなとは思っていましたが、ああこれで分かりました。

船頭が二人居たのね、「船頭多くして船山に登る」と言うやつです(笑)

校長が個性を重視せずテストの点数を重視する方針に変え、教頭が個性を重視するモンテッソーリ教育をぶっ込み、しかも100年続く学園創始者の素晴らしい教え「学校訓・教育方針」があるので、それも従来通り重視すると…

考えが、軽い、薄い、甘い、とにかく先ず伝統をはき違えてる。

100年以上続く「学校訓、教育方針」をもう一度理解し直した方が良いですよ!

この学校、将来大丈夫かな?と、ちょっと心配になります(汗)

いえ、モンテッソーリ教育は素晴らしいですよ!タワマン社長も凄く共感しますし、キリスト教系の学校では以前から導入されて成果も出ています。

この100年続く「学校訓・教育方針」も素晴らしいです。日本の伝統を上手く現代に融合させています。日本人としてとても安心して子供を預けることが出来ます。

テスト重視、偏差値重視も良いでしょう!個性のない勉強のできる従順な子供たちを育てることが出来るでしょう!何故か、いじめは凄いらしいですが…(汗)

でも我が家は、そんなこと一度に出来ませんので、小学校選びも今年から急にモンテッソーリを導入する学校より、以前からモンテッソーリ教育を指針にしている私立小学校に行かせた方が、安定した教育の元、子供を育てることが出来ると考えるのは当然です。

締め切り間近でしたが、塾の先生からもAO入試(専願)ですが小、中、高、大の一貫校でとても良い学校だから付属小に拘り過ぎず、学校説明会に行って判断してみたら良いですよ。と勧められ、急遽、学校説明会に応募し、どうにか最終日に受けることが出来ました。タワマン社長が学校説明会に参加したのですが、校長、教頭先生から、懇切丁寧に学校の説明を受け、学園のほとんどを見学し、2時間以上掛かりましたが、とても充実した時間を過ごせました!

説明会が終わって、嫁さんに電話を掛けて言った第一声は、「この学校凄いわ!」です(笑)

郊外になるので、ちょっと遠いのとAO(専願)なので、始めは候補に入れていませんでしたが、いつの間にか嫁さんに「この学校、付属小学校より良いよ!」「学校見たら絶対行かせたくなる!」「うちの子に凄く合ってる!」と興奮気味に説明していましたよww

次回は、入試のことに関してお話ししようと思います。

つづく。

ABOUT ME
タワマン社長
地方タワマン住みのタワマン社長です! タワマンの住みやすさ、メリット、デメリットを実際に住んでいる住民目線で、株式投資や不動産投資、車や腕時計などの趣味の話を交えて、独自・独断・独特に発信していきたいと思います(笑)