人生について

住み慣れた土地に住み続ける選択…後編

前回は少し話がそれましたのでww

お知り合いの70代男性の新築一戸建ての話に戻ります!

大きな手術をされ奇跡的に回復し工事を再開されてから、大雨で起き施工途中だった基礎の下側の砂が流され、基礎が傾くと言う問題が起きました!もちろん施工途中の問題なのでメーカーが責任をもって修正するとのことですが、一度打ったコンクリートはもう修正することは出来ません、もう一度解体してコンクリートを打ち直すとのこと…

入院で伸びた納期がまた数ヶ月延びてしまいましたが、それ以降は順調に進んでいたようです。

それから更に数ヶ月後、内装工事がほぼ完了したので内見させて貰いましたが、凄く現代風な若夫婦が好むようなマンションライクな色合いと内装で、1階は30畳はあるだろうリビングにアイランドキッチン!和風の引き戸を開けるとそこは8畳ほどの掘りごたつ付きのモダンな和室、リビング奥には住めそうなほどの広さのウォークインクローゼットとゆったりとしたベッドルーム、2階は息子さん夫婦が住まわれても良いように2世帯住宅になっています。

アイランドキッチンは、奥様がパン教室を自宅で開けるように大型のセラミック製天板で、部屋全体が見渡せるよう配置されています。その他、扉や取手の金物、お風呂のテレビや浴槽、床材や壁などにもとことん拘って良いのもを使われています!

ご主人は、物をとても大切に使われますが、その分、大変な拘りのある人なので、その拘り具合が随所に溢れかえっています!

それからまた数ヶ月して引越しも完了したとの連絡があり、新築祝いの品を持ってまた遊びに行きました!

ご主人、家具にも拘って、キッチン前のダイニングには一目ぼれして購入したと言う八角形の天然木の重厚なテーブルに8人分の椅子を置かれていました!現在住まわれるのはご夫婦お二人ですが…(笑)

ただ一つ気になったのは…

部屋に荷物が多いことです…

前の家が2軒隣りと近いこともあり、全ての物を持って来られたようです(汗)

もう随所に昭和な香りが漂っていますね…(笑)

ああ、これは元は黒電話置台かな?とか、こけしや木彫りの民芸品などなど、そう言えば玄関扉にカランカランとなる鈴も付いてたな…(笑)

令和に昭和が融合したような、新しくもどこか懐かしい田舎のおじいちゃんのお家に行った気分になる不思議な空間です(笑)

もちろん!家は最新なので令和が勝ってはいますよww

ちなみに新築祝いにはお掃除ロボット「ルンバe5」をお持ちしたのですが、部屋にものが多いので素直には走れない感じもします…

後日メールで「ルンバは吸引力が凄いですね!」「吸引力に驚きました!」「妻も吸引力が凄いと言っています!」とやたらと吸引力を強調されていたので、多分、色んなもの吸ったんでしょうね?(笑)

つづく!

ABOUT ME
タワマン社長
地方タワマン住みのタワマン社長です! タワマンの住みやすさ、メリット、デメリットを実際に住んでいる住民目線で、株式投資や不動産投資、車や腕時計などの趣味の話を交えて、独自・独断・独特に発信していきたいと思います(笑)