人生について

どうやって自立するか…結婚しないことによる人生の喪失編

「自立=結婚」だけではありませんが、自立することによって全てのことを自分の責任で解決していくことになり、言い訳は出来ない責任逃れは出来ない立場となります。

誰かに依存することを期待せず、自分で全てを解決することは困難であるがゆえに、いずれ自分のパートナー(彼女、妻)を求めるようになります。

そしてパートナー(彼女、妻)に支えられ、自分の出来ない家事全般(炊事、洗濯、掃除等)をして貰えることに感謝する気持ちが芽生えます。

パートナーに家事全般をして貰っても、家事は女性がやるものだ、当り前のことだ、と感謝しないのは、やはりまだお母さんがやってくれることを代わりにやって貰っている立場と同じ、18歳の高校生です。

ゆえに母親から従属から離れておらず、まだまだ精神的自立は出来ていません(笑)

自立の意識が進み、彼女が出来、結婚することになると急に母親との距離が変わることを皆感じるのではないでしょうか?これまでタメ口とか生意気に言ったりしていた口調が急に敬語に変わります。母親も自分の息子から一人の大人として見るようになります。

あえて言うと息子の所有権が母親から嫁さんに受け渡される感じでしょうか?

不動産で言うところの所有権譲渡(結婚)と言うやつですね(笑)なので嫁さんに嫌われると所有権放棄(離婚)されます(笑)

父親は?あんなもの何の役にも立ちません!いつの世も実権は女性が握っています(笑)

まあ男ですから、そのくらいの覚悟をもって家族を養う必要がある訳ですよ(笑)

結婚(家族)って自立することによって芽生える衝動で、DNAに刻み込まれているのでしょうね!結婚願望がわかないってことは、DNAからは自立していないと見られてる(笑)

そう!DNAレベルで子ども扱いされてるってことですわwww

結婚しないことによる人生の喪失とは、結婚の最大の利点は相手(嫁さん)の人生を背負うことであり、人生を2倍楽しむことが出来ることに結婚の素晴らしさがあると断言できます!なので結婚するとこれまでの2倍苦労しますよ(笑)子供が生まれれば、3倍、4倍と苦労します(笑)でもそれが良いんです!

人生の難題をパートナーとともに解決する!独身では経験できない難問が山のように現れます(笑)

それをともに逃げずに解決していくことで夫婦生活が豊かになり、子供を育てる基礎、覚悟が出来ます。そして子供を授かるとまたその何倍もの難問が立ちはだかり、人生最大の山場を迎えます(笑)それが子供が成人するまで続きます(笑)

なので子供が成人し子育ての終わったお父さんお母さんって良い顔しています!ハゲとデブだけど、足が臭いし屁をこくけど、苦労を超えた良い雰囲気を醸し出してるじゃないですか(笑)

でも高齢独身者は自由気ままで我がままで、いつも口を開けてどこを見るでもなくぼ~としてますよ(笑)本人は気が付いてないでしょうけど、30代40代と本来苦労すべきところで必要な苦労をしていないので張り合いが無いんです(笑)

高齢独身者は歳より若く見られます(笑)でもそれは良いことではなく、するべき苦労をしてないので幼い顔をしているだけなんです。子供なんですよ!子供おじさん、こどおじ!(笑)

こどおじは子供部屋おやじの略か!まあ似たようなもんです(笑)

「苦労は買ってでもしろ」とはよく言ったものですね!本当の独身の怖さは50代から来ます…本当に恐ろしい逃げられない影が付きまとって来るようになりますよ。趣味に没頭しようとしても無駄です!何も出来なくなります。その後のことは高齢独身者のお友達をみていると想像できます…これもDNAに刻まれているプログラムだと…DNAからは逃げられないと…常々思うタワマン社長です(怖)

 

信じるか信じないかはあなた次第です!(関)

 

今度、DNAからは逃げられないことについても話してみようと思います!

つづく(笑)

ABOUT ME
タワマン社長
地方タワマン住みのタワマン社長です! タワマンの住みやすさ、メリット、デメリットを実際に住んでいる住民目線で、株式投資や不動産投資、車や腕時計などの趣味の話を交えて、独自・独断・独特に発信していきたいと思います(笑)